マッチブックにログインすると20代女性との出会いが!!

マッチブックはこちらからログインすることが出来ます。

こちら ⇊
matchbook(マッチブック)

 

 

マッチブックにログインすると20代女性との出会いが増える?

マッチングアプリは数多くの種類がありかすが、アプリの種類によって会員さんの属性が異なります。
マッチブックはその中でも20代の女性が特に多いマッチングアプリと聞いていました。

30代の方ももちろんいるのですが、積極的に出会いを探しているアクティブなユーザーは30代女性よりも20代女性の方が多いイメージでした。

こういった噂は確かめなければ気が済まないタイプの人間ですので、実際にマッチブックにログインしてみて確かめた記事がこちらにあります。

こちらの記事を読んでいただければマッチブックは20代女性の方がアクティブな女性が多いことが何となく分かっていただけると思います。

ちなみにこの時に私が使用しているプロフィールは他のアプリでは20代女性よりも30代女性の方がウケの良いイメージです。

こちら → マッチブックを試してどのくらいいいねをもらえたか?

もちろんただログインするだけで勝手に出会いが増えるわけではありせん。
なので、ログインしてからの流れをご説明します。

 

 

マッチブックにログイン後の流れ

マッチブックにログインしたら、早速たくさんの女性が検索画面に現れます。
可愛い娘が多いので、思わずプロフィールを見たくなるのですが、ちょっと待ってください!!

 

人のプロフィールを見る前に、まずは自分のプロフィールを作りましょう。
あなたが女性のプロフィールを見たいように、女性もあなたのプロフィールを見たいのです。

なので、まずは女性に見てもらえる準備をしましょう。
特にマッチブックはログイン完了した直後が一番女性に見られる可能性が高いので作った初日にプロフィール仕上げておきたいものです。

プロフィール文の書き方が分からない方は

・挨拶
・どのような仕事をしているのか
・趣味
・人物像
・登録した理由

を書いていくと良いでしょう。
それぞれに具体的な例が欲しい場合はこちらを参考にしてみてください。

→ 挨拶、どのような仕事をしているのか、趣味の書き方を知りたい方はこちら

→ 人物像、登録した理由の書き方を知りたい方はこちら

 

写真については出来れば友人と一緒に写っている写真や友達と一緒に遊びに行っている写真などが好ましいですが、もしそのような写真がなければこちらの写真の撮り方を参考にしてください。

→ プロに撮ってもらう場合

→ 写真を撮ってくれる人がいない場合

 

プロフィールが登録出来たらいよいよ女性のプロフィールを見てみましょう。

 

 

マッチブックにログインしたら有料会員登録すべき?

男性は有料会員登録しなければマッチブックで女性と出会うところまで話が進みません。
では、ログインして、プロフィールを作ったらすぐに有料会員登録をすべきか?

答えはNOです。
ログインしたばかりの段階ではあくまでもお試し段階でしかありません。
なので、まずは自分の居住地にどのくらいの数の女性がいるのか?気に入った女性がいるのかどうかを見てみましょう。

そして、気に入った女性がいたら足あとをつけたり、いいねをしてみましょう。
いいねは数が限られているので、見境なく押していったらすぐに無くなります。
なので、最初は本当に好みの女性にだけいいねをして、後は足あとを付けるだけにしましょう。

そして、好みの女性からいいねが来たり、いいねを送った相手とマッチングをしたらその女性にメッセージを送ってみましょう。

マッチブックは初回のメッセージは無料で送れます。
そして、そのメッセージに対して返信があったら有料会員登録をしましょう。

おすすめの期間は3ヶ月です。
色々な記事でおすすめは3ヶ月説を唱えていますが、大体ログインして1月くらいたつと女性からの反応は落ちます。
反応が落ちてくるとマッチング率も落ちてきます。
なので、出来れば1月経ったら退会して他のマッチングアプリにログインしたいところなのですが、1月で出会うのは慣れている人でないと中々難しいので、3ヶ月が理想と考えています。

また、プレミアムオプションはお金に余裕があれば付けるようにしましょう。
できれば一緒に申し込みたいところですが、お財布事情はそれぞれあるでしょうから無理にとは言いません。

 

このようにある程度マッチングできるということを確認してから有料会員登録をしないと、お金を完全に無駄にしてしまう可能性がありますので、きちんとしたプロフィールを作り、マッチング出来ることを確認してから有料会員登録をして、マッチブックでの出会いを楽しみましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP