ユーブライド メッセージ 消えた



youbride

婚活マッチングサイト、ユーブライドで特定のお相手とのメッセージのやり取りの履歴が消えてしまった、ということはありませんか?

この場合に、お相手が退会したのか?それともお相手にブロックされたのか?慣れていないと分からないと思います。

ユーブライドでメッセージが消えた場合は基本的にブロックされたと考えるのが妥当です。

実際にブロックされた場合と退会された場合の比較をしてみましょう。

 

 

ユーブライド メッセージ ブロックされた場合

ユーブライドでメッセージをブロックされた場合にはブロックされた場合は、サイト上でやり取りされたメッセージのやり取りが消えます。

そのためメッセージが消えてしまった場合にはブロックされたと考えるのが妥当なのです。

では、お相手が退会された場合にはどうなるのか?

 

 

ユーブライド メッセージ 退会された場合

ユーブライドの場合は退会された場合にはお相手のプロフィールに「退会されました」と表示され、メッセージのやり取りは残ります。

つまり、退会の場合にはメッセージは消えないのです。

 

 

ユーブライド ブロックされた場合

ブロックされてしまった場合はブロックされたお相手と連絡先の交換でもしていなかった限りはメッセージのやり取りはできません。

そのため、別のお相手を探すことになりますが、そもそもブロックされた直接的な原因がどこにあるかも考えなければなりません。

ブロックされたということは、メッセージのやり取りの中でお相手に不快感を与えたり、恐怖心を与えた可能性がありますので、原因を見つけて改善しなければ、今度は別のお相手にもブロックされてしまう可能性があります。

不快感や恐怖心というのは、

・マッチングしてすぐに連絡先を聞きだそうとした

・マッチングしてすぐに会う約束を聞こうとした

・まだあまり仲良くなっていないのにお相手の個人情報(どこに住んでいるか等)を聞こうとした

・メッセージでお相手を恫喝するようなメッセージ(返信が遅い!等)を送った

このようなことが考えられます。

顔の見えない相手とやり取りしている時点で警戒心を持っていますので、更に警戒心を掻き立てるような行為、恐怖心を煽る行為は即ブロックにつながります。

私の場合はある程度メールのやり取りをしてから、お相手のお名前を聞いてみたらブロックされた、ということがあります。

私は自分の名前を教えていたので大丈夫だと思ったのですが。

このようにちょっとしたことでもブロックにつながることはありますので、お相手に不安を与えることや恐怖心を与えないようにメッセージのやり取りをしていきたいところです。



おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP