ユーブライド 要注意人物



 

ユーブライドには要注意人物がいるのか?
セキュリティはかなりしっかりしているのがユーブライドの特徴なのですが、それでも残念なことに気を付けなければならない要注意人物はいるようです。

今回、実際に会員の方がメッセージのやり取りをしたという要注意人物に対する情報を紹介します。
こちらはユーブライドの会員さん同士の質問コーナーで掲載されていた情報を基にしています。

LINEのやりとりに応じると、しばらくは普通の会話をしますが後に他サイトへの誘導を企む輩がいます。
一見爽やかイケメン風のサブ写真を載せています。有料会員です。
初めは真剣味を装い、ごく自然に近付いてきます。お気をつけください。

こちらは今回女性会員さんがユーブライド内で出会ってしまった要注意人物のようです。
ポイントとしては絶対に他サイトの誘導をしてくるところですね。

「他サイトの誘導なんて引っかからないから大丈夫だよ」
と、思うかもしれませんが最近は業者もかなり巧妙な手口を使って他サイトの誘導には思えない自然な誘導をしてくる連中もいます。

私はユーブライドとは別のマッチングアプリで会った要注意人物の手口ですが、
ブログやってるから良かったら見に来て!
という誘導の手口を見たことがあります。

やり取りして仲が良くなった人間に「ブログを見て」というだけなのであまり他サイトへの誘導という感じはしません。
そして、読者登録のような感じでメールアドレスの登録欄があるという手口です。
このように自然な感じでの誘導も使ってきますので、気を付けていただきたいところです。

そのほかにもやたらアドレスの交換を要求して来て、写真はかなりのイケメンで高収入という要注意人物もいたようです。
もちろんこの場合はターゲットは女性でしょうが、男性も写真はかなりの美女で写真が一枚しか使われていないというパターンは気を付けたほうがいいでしょう。

pairs(ペアーズ)ではこの手の要注意人物はかなり多いので、ユーブライドにも同じような手口の要注意人物がいても不思議ではありません。

このように要注意人物の話を書くと「やっぱり危険なのでは?」と警戒心を強める方もいますがこの手の人物はごく少数でしかありません。

ユーブライドに登録されている会員さんのほとんどは真剣に出会いを探していますし、中には自分が要注意人物でないことをアピールするために年齢証明だけでなく独身証明や年収証明なども提示している方もいます。

そのような真剣な方もいるのに悪質な一部の人間のせいで要注意人物が多いと思われるのはとても残念な話です。

 

ユーブライドで要注意人物に引っかからないためには?

当然ですが、外部のサイトのお誘いにはどんなものであっても絶対に乗らないことです。
お誘いが会った時点で違反報告してしまっても良いでしょう。

また、メールアドレスは教えてはいけません。
はっきり言いますが、今マッチングアプリでの連絡先交換は圧倒的にLINEが主流です。
実際に私にメールアドレスを聞いてきたのは要注意人物以外いません。

私自身マッチングアプリでかなりの人数の女性と会っていますが、「LINE教えて」と言われたことは何度もありますが、「メールアドレス教えて」はただの一度もありません。

つまりメールアドレス教えて=業者である可能性が極めて高いです。

そして、この話から分かるかもしれませんが、LINEをやっていないとそれだけで連絡先交換のできないリスクが生じます。

メールアドレスよりもLINEの方が障壁が低いのです。
そのため、現在マッチングアプリで恋活・婚活されている方でLINEを使っていない場合は早期に使うことをおすすめします。

LINEを導入しておくというのはマッチングアプリでの婚活・恋活では緊急性がかなり高いです。
もし、LINEがなければ導入したほうがいいですし、
もし、ガラケーを使っていてLINEに上手く登録出来ない、と言う場合にはスマホに変えてしまうのも手段です。

スマホ=高いというイメージもありますが、最近では格安スマホも出ていますので、LINEを使うため、という理由なら高い使用量を払う必要はありません。
LINEを交換すればお互いの距離がまた一歩近づきますのでLINEを利用していない方は即LINEに登録です!

登録はコチラ ↓


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP