マッチングアプリで結婚に向いているものは?

マッチングアプリの中には恋活を推しているものと婚活を推しているもの、

その両方を推しているものと大きく3つに分かれている印象があります。

 

運営している会社の方針が異なっているからこそこのようなことが生じているのでしょう。

例えば、婚活は別のサイトや婚活パーティーなどで集客して、恋活はマッチングアプリで行う、

といった感じです。

 

婚活を推しているアプリはこのようなものがあります。

 

マッチ・ドットコム

 マッチ・ドットコム

バナーを見てもらえれば分かりますが、婚活サイトとはっきり謳っています。

他のものは「恋活・婚活マッチングアプリ」という風にどちらともとれる言い方のことが多いですが、

こちらははっきり「婚活」と結婚を意識した方向けにしています。

 

世界中で展開されていて、

こちらのアプリで結婚した方は44%は交際1年で結婚されているので、

2~3年以内に結婚したい方向けと言えるでしょう。

公式サイトを見る → マッチ・ドットコム

 

 

pairs(ペアーズ)

 pairs

こちらは恋愛・結婚マッチングサービスと言ってますが、

私の経験上、20代後半の女性会員の方は

「30歳までに結婚したい」

と言っている方が多かったことと、

30代、40代の女性会員さんも数多くいらしたので、結婚を意識して登録をしている方が多いなと感じました。

 

結婚を目的に登録をされる方は男性は25歳以上の女性を、

女性は30歳以上の男性に的を絞ると効率よく探せるのでは?

公式サイトを見る → 【pairs】Facebookで恋活・婚活

 

 

マッチブック

 matchbook(マッチブック)

こちらはリクルートグループの会社が運営する婚活サイトになります。

先ほどの2つと比べると恋活よりな印象はあります。

というのも、20代前半のユーザーが多いという話を聞いていますし、

大学のミスやミスターとコラボしているので、平均年齢が低い印象があります。

 

もちろん、結婚を意識して登録している方もいるはずですし、

リクルート関係の会社なら信用度は高いので、普段出会えないような方とも出会えるはずですし、

日常に全く出会いがない方は急に出会いを増やすことも出来るでしょう。

公式サイトを見る → リクルートグループの恋活・婚活アプリ「Matchbook」

 

 

おすすめの使い方は?

出会いを増やすための有効な使い方は、

複数のマッチングアプリを使い分けることです。

 

女性の場合は全部登録しても無料なのでお金はかかりませんが、

男性の場合は女性と会うところまで進めようとすると、必ずどこかで有料会員登録をしなければなりません。

 

なので、次のいずれかの方法を使っていただければと思います。

 

1、全てにとりあえず無料会員登録をして、好みのタイプの方とマッチングしたものだけを有料会員登録する。

例えば、上の3つのマッチングアプリにとりあえず無料会員登録をします。

それだけで出会いの数が3倍に増えます。

そして、好みの女性に「いいね」やメッセージを送り、

一番多く返事が返ってきたものや一番好みの女性から返事が返ってきたもの

を一つだけ有料会員登録をして、他のものは退会してしまうのです。

マッチングアプリはいつでも退会できますので、この方法は全く問題ありません。

 

 

2、とりあえず一つのマッチングアプリに登録、1月ほど利用したら退会して別のマッチングアプリに登録する。

この方法の理由は、

マッチングアプリは人気会員や新規登録会員が異性に見えやすいところに表示されるからです。

逆に時間が経って、自分が人気会員でないとかなり後ろの方に表示されてしまうので、女性の目に付きにくいのです。

 

インターネットの検索画面で例えると、

人気会員は1ページ目の上の方に表示されるのに対し、

人気がないと20ページ目に表示されてしまう。

こんな感じです。

 

あなたは何かを検索したときに20ページ目まで検索ページを見たことがありますか?

おそらくほとんどの方がないでしょう。

マッチングアプリも同じで、上の方に表示されないと誰も見てくれません。

 

なので、常に新規登録会員として上の方にいるために1月単位とかで複数のアプリを使い分けるのです。

もちろん、有料会員登録は好みの相手とマッチング出来たらで良いでしょう。

 

 

このように複数のマッチングアプリを使い分けることで出会いの数を2倍にも3倍にも出来ますし、

有料会員登録をしなければお金はかかりませんので、ぜひ試してみてください。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP