マッチングアプリで「いいね」をたくさんもらうには?

マッチングアプリで「いいね」は異性からの人気の現れです。

それと同時に「いいね」をたくさんもらえる方ほど理想的な相手に出会える可能性があります。

 

 

そもそも「いいね」をどの程度もらえれば多いのか?

マッチングアプリでは異性のプロフィールは分かりますが、同性の「いいね」を見ることはできません。
なので、どのくらいの「いいね」をもらえれば多くもらっているのかは分かりません。

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

しかし、参考数値を推定することはできます。
実際に会った異性や、同じマッチングアプリを利用している友人から聞いた話を基に推定できます。

 

私は男なので、男性の場合でお話させてもらいますが、
私が過去にやり取りしていた女性から
「いいね」の数すごく多いですね!と、言われた時の数が大体60~70でした。

 

この数値は直近1月のものなので、
1日に2~3の「いいね」とマッチングがあれば人気会員となれます。

 

 

では多くの「いいね」をもらう方法は?

ポイントは2つあります。98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

1、良いプロフィールを作らなければならない。
2、異性の目に触れなければならない。
この2点です。

 

 

1、良いプロフィールを作らなければならない。

マッチングアプリで一番力を入れるところはまさにプロフィールを作成する作業です。

では、プロフィールのどこに力を入れるべきか?
実際に会った女性にプロフィールのどこを見ているのか聞いてみると
・写真
・年収
と、言われたことがあります。

他にもメッセージのやり取りをしている感じだと、自己紹介の文章も大事だと思われます。

 

じゃあ、不細工じゃダメじゃねえか!!

d243e2b44132738207a0aa51ae35a570_s

と思ったあなた、安心してください。
私も「イケメン」と言われた試しがありません(涙)
それでもイベントコンパニオンやモデルをしている方と会うことが出来たり、
会った瞬間に「やべぇ、超かわいい娘来た!!どうしよう・・・」と思えたことが何度もありますので。

 

男性はプロフィールの作り方次第で外見が良くなくとも異性と会うことはできます。
なので、「俺不細工だから何やってもダメだ」と思うのは早いです。
むしろ、不細工だからこそ工夫するのです。

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

芸能人クラスのイケメンなら、自撮り写真1枚載せて、
「俳優やってます。主役でドラマ出れるように頑張ってます。」
このプロフィールだけで「いいね」1000くらいの超人気会員です。
しかし、そうではない人は、工夫する必要があるのです。

 

プロフィールの作り方はこちらに載せてありますので、作り方が分からない方は是非見てください。
こちら  プロフィールの作り方

 

2、異性の目に触れるには?

当たり前ですが、あなたのプロフィールを見てもらえなければ「いいね」をもらうことはできません。
ではどうすれば良いか?
・登録したての状態を狙う。
・自分から「いいね」を送る。
この2点です。

 

登録した手を狙うとは?

マッチングアプリには検索方法がいくつかありますが、その一つに登録順というものがあります。

つまり、登録したてが一番異性から見られます。
私の300という数字もたくさんの異性に見られた結果です。

 

そのため、私は複数のマッチングアプリを使いながらプロフィールを改善していました。

例えば、
1、まずは「タップル誕生」に登録する。(まずは無料)
会員数が多ければ他のマッチングアプリでも問題ありません。

 

 タップル誕生

2、自分のプロフィールがどの程度女性から評判が良いかを試す。
あまり女性から「いいね」や「いいかも」が来なければプロフィールを改善します。
そして、写真、自己紹介を改善して前よりも結果が出るようになったら他のマッチングアプリに登録。

ここでのポイントは1のアプリよりも会員数が多いところか、同じくらいのところがベストです。
理想は2にpairs(ペアーズ)を持ってくることでしょうか。

 pairs

3、上手くいけば、登録後最初の1週間ほどは毎日のように「いいね」が来るはずです。
上手くいけば、有料会員登録して継続、上手くいかなければそのアプリで再び改善し、その後は他のマッチングアプリでそのプロフィールを試す。

 

このサイクルで行います。
ただし、pairs(ペアーズ)などは退会後30日は再登録できませんので、登録直後の恩恵を受けたい方は結果が出ないと思ったら早めに退会すると良いでしょう。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP