女性と縁のなさ過ぎたこれまでの人生(管理人の詳しいプロフィール)

中学1年生の頃、同じクラスの女子の笑顔を見て初めてドキッとしました。

 

「こ、これが恋というやつか」

 

と、思いながらも当時の私は

女子と全く話すことのできない情けない男子でした(笑)

 

勉強にもスポーツにもコミュニケーション能力も人より劣っていた私は

おそらくクラスメイトからは「さえない男子」と思われていたことでしょう。

 

結局その女子とはまともに会話も出来ないまま、私は高校に進学することになるのです。

そして、進学先はなんと男子校(笑)

 

男しかいない環境は楽しく、目標を持ちながら勉強していたので充実した3年間でした。

ただ、当然ながら女子と関わることは一度もないまま私は高校を卒業するのです。

 

ついに初めての彼女が!!

高校時代に就きたい職業を見つけた私はその道を高めるために憧れのキャンパスライフを選ばずに専門学校に

進学します。

 

そこで、3年ぶりに女子が教室にいるという、当たり前の景色を見れるようになりました。

比率的には男子の方がやや多めでしたが、教室にはカワイイ娘が何人もおり彼女を作る気全開でいました。

 

そして、二十歳を過ぎたある日、ついに私はその専門学校で一番仲の良かった同い年の女子と付き合うことに!

念願の初彼女です。

 

外見的には恐らく中の下くらいの大人しい感じの女子でした。

「性格が合うから付き合うんだ。」

と、思いながら付き合っていたのですが、実はこの彼女、

性格的にもかなり難ありだったのです。

 

二人きりになっては私の悪口を言いまくり、私の言動が少しでも気に入らないとすぐに叩いてくる。

挙句の果てには私が怒っても完全に無視・・・。

「俺、何のためにこいつと付き合ってるの?」

彼女との恋人関係にわずか3週間で疲れてしまった私は1月ほどで彼女と別れることに・・・。

 

もう、彼女はいいや・・・。

あいつが人生で最初で最後の彼女だな・・・。

 

私はそのように疲れ果ててしまい、

その後、学校、バイト先、職場などで新たな出会いに恵まれなかった私は

気づけば8年間彼女無しの生活を送っていました・・・。

 

そんな中で出会ったのがマッチングアプリといわれる恋活アプリ・婚活アプリでした。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP